【経理のナレッジポータル】会計、税務など経理にお役に立つ情報をまとめた経理のためのナレッジポータルサイトです。

.

 Home経理の実務解説集 > 源泉徴収とは

源泉徴収とは

会社や個人が、人を雇って給与を支払ったり、税理士などに報酬を支払ったりする場合には、その支払の都度支払金額に応じた所得税を差し引くことになっています。

 

そして、差し引いた所得税は、原則として、給与などを実際に支払った月の翌月の10日までに国に納めなければなりません

 

なお、給与の支給人員が常時10人未満の源泉徴収義務者は、源泉徴収した所得税を、半年分まとめて納めることができる特例があります。

 

≪最新情報のキャッチアップにおすすめ≫

2/14(火)「戦略経理サミットー番頭から参謀への変革ー」(東京 明治記念館) New!!

2/14(火)「電子帳簿保存法の要件緩和とペーパーレス経理」(東京 明治記念館) New!!

2/20(月)「経理部門のコスト削減とスリム化 生産性向上セミナー」(東京 浜松町) New!!

 

【記事目次】源泉徴収の実務解説

 

1.源泉徴収事務とは

 

2.源泉徴収の流れ

 

3.扶養控除等申告書等の保存義務

 

4.中小事業者の特例

 

5.経理のための『ワンポイントアドバイス』

≫≫ 他の記事を見る 

 

 

源泉徴収
 (1) 源泉徴収事務とは

会社や個人が、人を雇って給与を支払ったり、税理士などに報酬を支払ったりする場合に、その支払の都度支払金額に応じた所得税を差し引き、差し引いた所得税を、原則として、給与などを実際に支払った月の翌月の10日までに国に納める制度です。

 

会社や個人が、人を雇って給与を支払ったり、税理士などに報酬を支払ったりする場合に源泉徴収義務が発生します。会社や個人だけではなく、給与などの支払をする学校や官公庁なども源泉徴収義務者になります。

 

 (2) 源泉徴収の流れ

1 給与・報酬などを支払う際にあらかじめ所得税を差し引きします。
なお、通常給与支払い時に、一緒に個人住民税及び社会保険料・雇用保険料も徴収します。

2 差し引いた所得税は、原則として、給与などを実際に支払った月の翌月の10日までに国に納めます。
なお、給与の支給人員が常時10人未満の源泉徴収義務者は、源泉徴収した所得税を、半年分まとめて納めることができる特例があります。

 

 (3) 給与所得者の扶養控除等申告書等の保存義務

給与所得者の扶養控除等申告書等の提出を受けた源泉徴収義務者は、以下の申告書の提出期限の属する年の翌年1月10日の翌日から7年間保存する必要があります。

(注)税務署長から提出を求められた場合には、提出する必要があります。

(1) 給与所得者の扶養控除等申告書

(2) 従たる給与についての扶養控除等申告書

(3) 給与所得者の配偶者特別控除申告書

(4) 給与所得者の保険料控除申告書

(5) 退職所得の受給に関する申告書

(6) 公的年金等の受給者の扶養親族等申告書

(7) 給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書

 

 (4) 中小事業者の特例

○ 源泉徴収義務の免除

個人事業者のうち次の二つのいずれかに当てはまる人は、源泉徴収をする必要はありません。

(1) 常時二人以下のお手伝いさんなどのような家事使用人だけに給与や退職金を支払っている人

(2) 給与や退職金の支払がなく、弁護士報酬などの報酬・料金だけを支払っている人

 

○ 納期の特例

給与の支給人員が常時10人未満の源泉徴収義務者は、源泉徴収した所得税を、半年分まとめて納めることができる特例があります。これを納期の特例といいます。この特例を受けていると、その年の1月から6月までに源泉徴収した所得税は7月10日、7月から12月までに源泉徴収した所得税は翌年1月20日が、それぞれ納付期限になります。

※特例を受けるためには、「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」を所轄税務署に提出することが必要です。

 

 

 

経理のための『ワンポイントアドバイス』

会社や個人事業者が、給与・報酬などを支払う際には、あらかじめ所得税を源泉徴収する必要があります。

 

源泉徴収を怠ると、納付期限日から起算した高い延滞金が発生するので、忘れず納付をするようにいたしましょう。

 

また、源泉徴収の計算は、従業員への給与支払い額に影響します。

給与の支払いは、従業員の生活に関わることであるため、計算誤りは厳に慎むべき事柄です。

 

源泉徴収の計算誤りを防ぐためには、正確な勤怠情報の把握、扶養を含む従業員情報の管理、適時の保険料率の更新などがポイントとなります。

 

また、起業まもない時期は、毎月ごとの源泉徴収は煩雑であるため、半年分まとめて納めることができる中小企業の納期特例を利用するのが良いでしょう。

 

なお、納期の特例を利用する際には、「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」を忘れず所轄税務署に提出するとともに、半年ごとの納付時に、納税資金が不足することのないよう、計画的に資金を準備すること注意が必要です。

 

次は年末調整の実務解説について見る

 

 

≪最新情報のキャッチアップにおすすめ≫

2/14(火)「戦略経理サミットー番頭から参謀への変革ー」(東京 明治記念館) New!!

2/14(火)「電子帳簿保存法の要件緩和とペーパーレス経理」(東京 明治記念館) New!!

2/20(月)「経理部門のコスト削減とスリム化 生産性向上セミナー」(東京 浜松町) New!!

 

 

おすすめのコンテンツ

 

[記事一覧] 関連するコンテンツ

【TOP】 経理の仕事カレンダー

【TOP】 経理の実務解説集

【経理】 給与計算の流れ

【税務】 年末調整の実務解説

【税務】 社会保険の実務解説

【TOP】 経理のフローチャート集

【TOP】 経理のリンク集

【税務】 源泉徴収の実務解説

【税務】 法定調書の実務解説

【税務】 雇用保険の実務解説

 

 

 

 

経理のナレッジポータル『記事一覧』

 

[記事一覧] 経理の実務解説集

【税務】 源泉徴収の手続

【税務】 法定調書の手続

【税務】 雇用保険の手続

【税務】 消費税の手続

【税務】 法人税の手続

【税務】 年末調整の手続

【税務】 社会保険の手続

【税務】 固定資産税の手続

【税務】 所得税の手続

【決算】 実地棚卸の手続

【決算】 決算整理の手続

【決算】 売上・原価確定の手続

 

[記事一覧] 経理の仕事カレンダー

上場企業 【3月決算】 のカレンダー

中小企業 【3月決算】 のカレンダー

一般企業 【3月決算】 のカレンダー

個人事業 【12月決算】 のカレンダー

 

[記事一覧] 経理のフローチャート

【資産】 販売管理のフローチャート

【資産】 在庫管理のフローチャート

【資金】 現金管理のフローチャート

【決算】 単体決算のフローチャート

【資産】 購買管理のフローチャート

【資産】 固定資産管理のフローチャート

【資金】 借入金管理のフローチャート

【決算】 連結決算のフローチャート

 

[記事一覧] 経理のノウハウ集

【経理】 経理の仕事内容

【経理】 月次決算の流れ

【経理】 連結決算の流れ

【経理】 給与計算の流れ

【経理】 決算・税務申告の流れ

【経理】 中小企業の会計

【税務】 無申告のペナルティ

【税務】 個人事業と法人の違い

【起業】 独立起業のための準備

【起業】 個人事業と株式会社の比較

【起業】 株式会社設立の手順・流れ

【起業】 株式会社設立後の手続き

【起業】 独立・起業に必要な費用

【起業】 事業計画の立て方・書き方

【起業】 個人事業の開業の手続き

 

 

エーキューブ総合会計事務所 |【新宿区飯田橋の税理士なら】

コンテンツ 執筆 監修

エーキューブ総合会計事務所

エーキューブ総合会計事務所は、創業まもないベンチャー企業からIPO・上場企業に関する支援まで、お客様の経営ステージにあわせたワンストップのご支援を行う会計事務所です。
会社の設立・創業や経営の企画・運営のご相談、税務申告・経理代行、M&A支援、上場企業の決算開示に関するご支援などお客様をトータルにサポートします。

 

 

経理のカレンダー | 経理のナレッジポータル 経理の実務解説集 | 経理のナレッジポータル 経理のフローチャート | 経理のナレッジポータル 経理のノウハウ集 | 経理のナレッジポータル セミナー情報 | エーキューブ総合会計事務所 経理のリンク集 | 経理のナレッジポータル