【経理のナレッジポータル】会計、税務など経理にお役に立つ情報をまとめた経理のためのナレッジポータルサイトです。

.

 Home独立起業マニュアル > 起業のための準備

独立して事業をはじめるのに検討すべきことを教えてください。

独立・起業を決意し、ビジネスモデルや起業の目的を決めても、すぐに事業をはじめることはできません。多くの場合、実際に起業するまでの間に数々の課題や障害、そして起業のリスクに直面します。

 

細かいことまで取りあげると起業のために検討すべきことは数限りなくありますが、少なくとも、「諸手続」「資金調達」「販路開拓」「経営ノウハウ」「社員の雇用」については検討することが必要となります。

 

≪税務・経理の実務に役立つ情報をお探しの方におすすめ≫

 [経理実務マニュアル] 経理・税務に関する実務と手続きのポイントをまとめました

 [独立起業マニュアル] 独立・起業に必要な準備と手続きのポイントをまとめました

≪高品質の税務・経理サービスをお求めの方におすすめ≫

 [創業支援サービス] 起業時の事務仕事を軽減、本業に集中したいお客様をサポート

 [税務顧問サービス] 信頼できる税理士が、お客様の適正な記帳・決算をサポート

 

【目次】起業のための準備

 

1.起業にあたって検討すべきこと

 

2.起業のための『 ワンポイントアドバイス 』

≫≫ 他の記事を見る 

 

 

起業にあたって検討すべきこと

(1) 諸手続をどうするか

まずは、事業を起ち上げるにあたり、法人の設立手続や届出などをどうするか考える必要があります。手続を代行する士業や公的機関もありますが、内容は自分でまとめないといけません。


(2) 資金をどうするか

設立に必要な書類の作成や印紙税など、設立当初に最低限必要となる資金(開業資金)、さらに開業後のマーケティングや販路拡大に必要な期間、定常的な収入を確保できるまでの期間の費用を賄えるだけの資金(運転資金)が必要となります。

 

自己資金による設立が望ましいですが、足りない場合には親類縁者や日本政策金融公庫のような比較的資金調達しやすい機関に相談するのが一般的です。


(3) 販路開拓をどうするか

販路開拓の計画は早い時期から必要です。会社に勤めていた際に培った技術やアイデアを業務とする場合は、会社員時代の人脈などを使ってあらかじめ顧客候補を確保したり、勤めていた会社の取引先にあらかじめ声をかけておくことなどが有効です。

 

新しい販路開拓をする場合は、持てる人脈を駆使したり、公的や民間のビジネスマッチングに参加して広げていくことが主となります。

 

その際には、きっちりとしたビジネスプランとそれを適確に伝えるプレゼンテーションが重要です。


(4) 経営ノウハウをどうするか

事業の中心となる、技術力、商品開発力、営業力などを保有していたとしても、それだけで起業できるわけではありません。事業を運営していくためのさまざまな経営知識も不可欠です。

 

経営知識としては、会社設立などの「諸手続きの実務能力」、資金繰りや経理処理などの「財務・経理能力」、市場分析などの「マーケティング能力」などが主にあげられます。

 

これらの経営ノウハウについても、ある程度の知識を頭に入れ、起業時から業務をこなしながら実地で学んだことを身につけていくことが重要となります。


(5) 社員をどうするか

社員を雇えば当然ながら人件費という大きな固定費が発生します。また社員として採用した以上、簡単に解雇することは許されませんし、社員の家族の生活もかかってきます。したがって、一定規模の安定売上が見込めない時期には社員を雇わずに業務を遂行する方法を考えるべきです。

 

しかし、事業が拡大する過程においては、社員数を拡大することに慎重になりすぎれば、成長のチャンスを失うかもしれず、逆に積極採用したが思ったほど売上が増えず、人件費が経営を大きく圧迫することも考えられます。

 

これは多くの経営者が会社を成長させていくプロセスで感じるジレンマであり、慎重な検討が必要となる事項です。

 

 

 

ベンチャー経営のための『ワンポイントアドバイス』

起業時には、売上をいかに安定してあげていくかが最大の課題となります。

 

売上をあげるためには、顧客のニーズを適切につかみ、ターゲットとする市場を決めないといけません。しかし、顧客のニーズが、どこにあるかは、実際に、取り組んでみないと見えないことが多く、果敢なチャレンジが求めらます


一方で、市場分析による仮説も必要です。活況な市場はチャンスもありますが、競争も激しく、自社の強みを活かすことができなければ、勝ち残っていくことができません

 

起業時には、無計画にならないよう、ターゲットとする市場を絞ることと、果敢なチャレンジのバランスをとっていくことが重要と言えるでしょう。

 

次は起業に必要な費用についての解説を見る

 

 

≪税務・経理の実務に役立つ情報をお探しの方におすすめ≫

 [経理実務マニュアル] 経理・税務に関する実務と手続きのポイントをまとめました

 [独立起業マニュアル] 独立・起業に必要な準備と手続きのポイントをまとめました

≪高品質の税務・経理サービスをお求めの方におすすめ≫

 [創業支援サービス] 起業時の事務仕事を軽減、本業に集中したいお客様をサポート

 [税務顧問サービス] 信頼できる税理士が、お客様の適正な記帳・決算をサポート

 

 

おすすめのコンテンツ

 

[記事一覧] 関連するコンテンツ

【起業】 独立起業のための準備

【起業】 事業計画の立て方・書き方

【起業】 個人事業の開業の手続き

【起業】 株式会社設立の手順・流れ

【起業】 独立・起業に必要な費用

【税務】 個人事業と法人の税金

【起業】 個人事業と株式会社の比較

【起業】 株式会社設立後の手続き

 

 

 

経理のナレッジポータル『記事一覧』

 

[記事一覧] 独立起業マニュアル

【起業】 独立起業のための準備

【起業】 事業計画の立て方・書き方

【起業】 個人事業と株式会社の比較

【起業】 株式会社設立後の手続き

【起業】 独立・起業に必要な費用

【起業】 個人事業の開業の手続き

【起業】 株式会社設立の手順・流れ

 

[記事一覧] 経理実務ナレッジ

【経理】 経理の仕事内容

【経理】 月次決算の流れ

【経理】 連結決算の流れ

【経理】 給与計算の流れ

【経理】 決算・税務申告の流れ

【経理】 中小企業の会計

【税務】 無申告のペナルティ

【税務】 個人事業と法人の違い

 

[記事一覧] 経理実務マニュアル

【税務】 源泉徴収の手続

【税務】 法定調書の手続

【税務】 雇用保険の手続

【税務】 消費税の手続

【税務】 法人税の手続

【税務】 年末調整の手続

【税務】 社会保険の手続

【税務】 償却資産の手続

【税務】 所得税の手続

【決算】 実地棚卸の手続

【決算】 決算整理の手続

 

[記事一覧] 経理のフローチャート

【資産】 販売管理のフローチャート

【資産】 在庫管理のフローチャート

【資金】 現金管理のフローチャート

【決算】 単体決算のフローチャート

【資産】 購買管理のフローチャート

【資産】 固定資産管理のフローチャート

【資金】 借入金管理のフローチャート

【決算】 連結決算のフローチャート

 

[記事一覧] 経理の仕事カレンダー

上場企業 【3月決算】 のカレンダー

中小企業 【3月決算】 のカレンダー

一般企業 【3月決算】 のカレンダー

個人事業 【12月決算】 のカレンダー

 

 

エーキューブ総合会計事務所 |【新宿区飯田橋の税理士なら】

コンテンツ 執筆 監修

エーキューブ総合会計事務所

エーキューブ総合会計事務所は、創業まもないベンチャー企業からIPO・上場企業に関する支援まで、お客様の経営ステージにあわせたワンストップのご支援を行う会計事務所です。
会社の設立・創業や経営の企画・運営のご相談、税務申告・経理代行、M&A支援、上場企業の決算開示に関するご支援などお客様をトータルにサポートします。

 

 

独立起業マニュアル 経理実務マニュアル 経理実務ナレッジ 経理業務カレンダー 経理のフローチャート 経理のリンク集