【経理のナレッジポータル】会計、税務など経理にお役に立つ情報をまとめた経理のためのナレッジポータルサイトです。

.

 Home経理ノウハウ集 > 連結決算手続

連結財務諸表の作成手順を教えてください。

連結財務諸表を作成するにあたっては、(1)まず子会社等から連結財務諸表の作成に必要な情報を収集し、(2)次に個別に作成された親会社の財務諸表と子会社の財務諸表を合算、(3)親会社の投資額と子会社の資本金を消去、棚卸資産に含まれる未実現利益の消去、グループ間の債権債務や取引高等の消去等の連結調整作業を経て、(4)連結財務諸表が作成されます。

 

≪最新情報のキャッチアップにおすすめ≫

2/14(火)「戦略経理サミットー番頭から参謀への変革ー」(東京 明治記念館) New!!

2/14(火)「電子帳簿保存法の要件緩和とペーパーレス経理」(東京 明治記念館) New!!

2/20(月)「経理部門のコスト削減とスリム化 生産性向上セミナー」(東京 浜松町) New!!

 

【記事目次】連結決算の流れ

 

1.連結財務諸表作成の流れ

 

2.子会社等からの情報の収集

 

3.個別財務諸表の合算

 

4.連結調整仕訳の算定

 

5.連結財務諸表の作成

≫≫ 他の記事を見る 

 

連結財務諸表の作成手順とは
 (1) 連結財務諸表作成の流れ

(1) 子会社等から連結財務諸表の作成に必要な情報を収集します。

(2) 個別に作成された親会社の財務諸表と子会社の財務諸表を合算します。

(3) 親会社の投資額と子会社の資本金を消去、棚卸資産に含まれる未実現利益の消去、グループ間の債権債務や取引高等の消去等といった連結調整作業をします。

(4) 連結財務諸表を作成します。

 

 (2) 子会社等からの情報の収集

子会社等から連結財務諸表の作成に必要な情報を収集します。

 

① 連結範囲判定時に収集する情報

■ 連結範囲判定のための情報
株式異動明細、融資増減、債務保証増減、出向者情報、役員兼任状況、取引依存度

…etc.

■ 連結財務諸表作成のための情報
支配取得日、持分比率、決算通貨、決算月、サブ連結状況、会計処理基準

…etc.

■ 注記情報作成のための情報
所在地区分、事業セグメント

…etc.

 

② 連結パッケージにより収集する情報

■ 連結財務諸表作成のための情報
個別財務諸表、関係会社取引明細、未実現損益計算、キャッシュフロー関連データ

 

■ 注記情報作成のための情報
増減説明書、有価証券時価情報、リース関連データ、担保注記関連データ、セグメント関連データ

…etc.

 

 (3) 個別財務諸表の合算

個別に作成した親会社の財務諸表と子会社の財務諸表を合算します。

なお、合算に先立ち、在外子会社の財務諸表に関してあらかじめ外貨ベースの財務諸表から円貨への換算を行います。また、決算期ズレの調整が必要な場合は、期ズレ調整処理を実施します。

 

■ 在外子会社の財務諸表の円換算に用いる為替レート

項 目 為替レート
資産・負債 決算時レート(CR)
純資産 親会社による株式取得時における純資産に属する項目 株式取得時レート(HR)
親会社による株式取得後における純資産に属する項目 発生時レート(HR)
貸借対照表を異なる為替レートを用いて円換算することによる貸借の不一致 為替換算調整勘定へ集計
収益・費用 親会社との取引により生じた収益・費用(内部取引) 親会社が換算に用いるレート
上記以外 原則:期中平均レート(AR)
容認:決算時レート(CR)

 

■ 子会社の決算日が連結決算日と異なる場合の調整方法

原則 連結決算日に正規の決算に準ずる合理的な手続により決算を行います。
容認 決算日の差異が3カ月を超えない場合、子会社の正規の決算を基礎として連結決算を行うことができます。但し、重要な不一致については調整が必要です。

 

 (4) 連結調整仕訳の算定

親会社の投資額と子会社の資本の消去、グループ間の債権債務や取引高等の消去等といった連結調整作業をします。

 

■開始仕訳

連結決算を開始するにあたり、過年度の連結仕訳を引き継ぐために開始仕訳を行います。基本的には、期首の利益剰余金を前期末の利益剰余金に一致させるための仕訳です。
開始仕訳には、下記の2つがあります。
① 前年度以前の子会社の支配獲得時に行われた投資と資本の消去
② 前年度以前に行われた剰余金に影響を与える連結調整仕訳

 

■親会社の投資と子会社の株主資本との相殺消去

それぞれの個別貸借対照表に計上された親会社の子会社に対する投資とこれに対応する子会社の株主資本は、企業グループ内部の取引であるため、連結財務諸表では相殺消去します。100%子会社でない子会社への投資と株主資本の相殺消去については、子会社に少数株主が存在するため、子会社の純資産のうち、親会社以外の持分は「少数株主持分」として処理します。

 

■債権と債務の相殺消去

個別会計において、各会社の貸借対照表に計上されている連結会社間の債権・債務を、連結決算において相殺消去する必要があります。

 

■連結会社相互間の取引高の相殺消去仕訳

親会社が子会社に商品を販売している場合、個別損益計算書上、親会社は「売上高」を計上し、子会社は「売上原価」を計上しますが、連結会計上は内部取引とみなし、相殺消去する必要があります。

 

■当期純利益と剰余金処分の修正

① 子会社の当期純利益の按分
連結決算では、親会社と子会社の損益計算書を合算し親会社と子会社の収益と費用のすべてが合算されるため、少数株主が存在する場合は、子会社の当期純利益について少数株主に按分する必要があります。子会社の当期純利益の按分では、「少数株主損益」という損益計算書勘定と「少数株主持分」という貸借対照表勘定が計上されます。

② 債務超過の子会社が計上した損益の処理
少数株主の存在する子会社が利益や損失を計上した場合、通常少数株主に按分しますが、子会社が債務超過となっている場合は、少数株主持分のマイナスについては、少数株主には負担させず、支配株主である親会社が全額負担します。

③ 配当金の処理 
子会社の剰余金の配当における配当のうち、親会社の持分割合に応じる分を内部取引として相殺消去し、少数株主に属する分については少数株主持分の減少として処理する

 

 (5) 連結財務諸表の作成

親会社の財務諸表と子会社の財務諸表を合算し連結調整仕訳を加減算して、連結財務諸表を作成します。

 

■作成する連結財務諸表

・連結貸借対照表

・連結損益計算書

・連結キャッシュフロー計算書

・連結株主資本等変動計算書

 

 

次は中小企業の会計についての解説を見る

 

≪最新情報のキャッチアップにおすすめ≫

2/14(火)「戦略経理サミットー番頭から参謀への変革ー」(東京 明治記念館) New!!

2/14(火)「電子帳簿保存法の要件緩和とペーパーレス経理」(東京 明治記念館) New!!

2/20(月)「経理部門のコスト削減とスリム化 生産性向上セミナー」(東京 浜松町) New!!

 

 

おすすめのコンテンツ

 

[記事一覧] 関連するコンテンツ

【TOP】 経理の仕事カレンダー

【TOP】 経理の実務解説集

【経理】 月次決算の流れ

【経理】 連結決算の流れ

【決算】 単体決算のフローチャート

【決算】 実地棚卸の手続

【決算】 決算整理の手続

【TOP】 経理のフローチャート集

【TOP】 経理のリンク集

【経理】 決算・税務申告の流れ

 

【決算】 連結決算のフローチャート

【決算】 売上・原価確定の手続

【経理】 中小企業の会計

 

 

 

経理のナレッジポータル『記事一覧』

 

[記事一覧] 経理のノウハウ集

【経理】 経理の仕事内容

【経理】 月次決算の流れ

【経理】 連結決算の流れ

【経理】 給与計算の流れ

【経理】 決算・税務申告の流れ

【経理】 中小企業の会計

【税務】 無申告のペナルティ

【税務】 個人事業と法人の違い

【起業】 独立起業のための準備

【起業】 個人事業と株式会社の比較

【起業】 株式会社設立の手順・流れ

【起業】 株式会社設立後の手続き

【起業】 独立・起業に必要な費用

【起業】 事業計画の立て方・書き方

【起業】 個人事業の開業の手続き

 

[記事一覧] 経理のフローチャート

【資産】 販売管理のフローチャート

【資産】 在庫管理のフローチャート

【資金】 現金管理のフローチャート

【決算】 単体決算のフローチャート

【資産】 購買管理のフローチャート

【資産】 固定資産管理のフローチャート

【資金】 借入金管理のフローチャート

【決算】 連結決算のフローチャート

 

[記事一覧] 経理の仕事カレンダー

上場企業 【3月決算】 のカレンダー

中小企業 【3月決算】 のカレンダー

一般企業 【3月決算】 のカレンダー

個人事業 【12月決算】 のカレンダー

 

[記事一覧] 経理の実務解説集

【税務】 源泉徴収の手続

【税務】 法定調書の手続

【税務】 雇用保険の手続

【税務】 消費税の手続

【税務】 法人税の手続

【税務】 年末調整の手続

【税務】 社会保険の手続

【税務】 固定資産税の手続

【税務】 所得税の手続

【決算】 実地棚卸の手続

【決算】 決算整理の手続

【決算】 売上・原価確定の手続

 

 

エーキューブ総合会計事務所 |【新宿区飯田橋の税理士なら】

コンテンツ 執筆 監修

エーキューブ総合会計事務所

エーキューブ総合会計事務所は、創業まもないベンチャー企業からIPO・上場企業に関する支援まで、お客様の経営ステージにあわせたワンストップのご支援を行う会計事務所です。
会社の設立・創業や経営の企画・運営のご相談、税務申告・経理代行、M&A支援、上場企業の決算開示に関するご支援などお客様をトータルにサポートします。

 

 

経理のカレンダー | 経理のナレッジポータル 経理の実務解説集 | 経理のナレッジポータル 経理のフローチャート | 経理のナレッジポータル 経理のノウハウ集 | 経理のナレッジポータル セミナー情報 | エーキューブ総合会計事務所 経理のリンク集 | 経理のナレッジポータル