【マイナンバー対策準備室】税務、社会保険、ITなど各分野の専門家のノウハウを結集し、民間事業者のマイナンバー制度対応を支援します。

.

 Homeマイナンバー進め方解説 > マイナンバー対応のロードマップ

マイナンバー対応のロードマップ

事業者のマイナンバー対応では、特定個人情報等の適正な取扱いの確保について、組織として取り組むための基本方針を策定し、あわせて、実際の取り組みを具体化するための特定個人情報の取扱規程等を策定する必要があるとされています。

 

また、策定した基本方針や取扱規程に従い、マイナンバー制度開始に向けて、特定個人情報等を取り扱う体制の整備や情報システムの改修などを行う必要があります

 

※ 本稿は、『特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン』が示す事業者のマイナンバー対応の取り組み事項を基礎に、『マイナンバー対策準備室』が実務視点から提示する事業者のマイナンバー対応のロードマップについて解説します。

 

マイナンバー対応支援ツールをご提供中です

マイナンバー実務早わかりノート

マイナンバーひな形・様式集

 

≪最新情報のキャッチアップにおすすめ≫

「[2016年年末調整対応]この一冊で安心! マイナンバー実務早わかりノート

 

【記事目次】マイナンバー対応のロードマップ

 

1.マイナンバー対応のロードマップ

 

2.マイナンバー対応のワンポイントアドバイス

≫≫ 他の記事を見る 

 

 

マイナンバー対応の進め方の解説
 (1) マイナンバー対応のロードマップ

事業者には、特定個人情報の取扱いについて、組織として取り組むための基本方針を策定し、取扱規程の策定及び、特定個人情報等を取り扱う体制の整備や情報システムの改修などを行うことが求められます。

 

具体的には、次のような手順でマイナンバー制度への対応を行います。

フェーズⅠ【影響分析、対応方針策定】

1. 対応範囲の明確化
事業者は、特定個人情報等の取扱いを検討するに当たって、個人番号を取り扱う事務の範囲及び特定個人情報等の範囲を明確にした上で、事務取扱担当者を明確にします。

 

2. 基本方針の策定
事業者は、特定個人情報等の適正な取扱いの確保について組織として取り組むための基本方針を策定する必要があります。基本方針には、特定個人情報の保護に関する基本理念や、法令遵守・安全管理・問合せ・苦情相談等に関する方針を定めます。

 

3. 取扱規程等の策定
事業者は、個人番号を取り扱う事務の流れ等を整理し、特定個人情報等の具体的な取扱いを定める取扱規程等を策定する必要があります。


取扱規程には、各段階ごと(取得、利用、保存、提供、削除・廃棄の場面)における、特定個人情報の取扱方法や、責任者・事務取扱担当者、その任務の取扱いなどを定めます。

また、取扱規程や関連する社内規程に、組織体制、担当者の監督、区域管理、漏えい防止、アクセス制御など、安全管理措置を織り込むほか、必要に応じて、特定個人情報等を取扱うためのマニュアルや事務フローなどの手順書をあわせて整備します。

 

フェーズⅡ【導入準備、体制整備】

 

1. 業務プロセスの整備
特定個人情報等の安全管理措置が適切に講じられるよう、 策定された取扱規程等にもとづき、特定個人情報等を取り扱う各段階において、関連する業務の流れを整理・見直しを行います。


具体的には、個人番号の取得・本人確認業務や、特定個人情報の保管・廃棄に係る業務、特定個人情報の委託先管理、法定調書等の提出業務などを中心に見直しを行います。

 

2. 業務システムの整備
特定個人情報等の安全管理措置が適切に講じられるよう、 策定された取扱規程等にもとづき、特定個人情報等に関連するシステムを整理、必要に応じて改修・見直しを行います。


具体的には、個人番号の収集システム、保管・照会システム、人事給与・支払調書システムなどを中心に調達・改修を検討するほか、セキュリティ対策やログ・アクセス制御、不正アクセス・漏えい対策などを整備します。

 

3. 従業者の教育研修
特定個人情報等の安全管理措置が適切に講じられるよう、従業者に対する必要かつ適切な監督を行うことが必要です。


そのために、個人番号の取得対象となる全従業員への周知や、個人番号取扱事務を担う従業員への情報の安全管理に関する教育や業務トレーニングなどが必要になります。

 

4. 内部統制/監査体制の整備
特定個人情報等の安全管理措置が適切に運用されるよう、特定個人情報等の取扱状況を把握し、安全管理措置の評価、見直し及び改善に取り組むことが必要です。


特定個人情報等の取扱状況について、定期的な自己点検や内部監査部門等による監査を実施できるよう、特定個人情報等を取り扱う組織体制、運用状況の確認手段、情報漏えい等事案の対応体制などの整備が必要になります。

 

フェーズⅢ【利用開始、安全評価】

1. 特定個人情報の収集・保管の実施
平成27年10月以降、マイナンバーの通知開始後から、マイナンバー法が定める特定個人情報の収集・保管等の制限に従い、社会保障及び税に関する手続書類の作成事務に必要な範囲で、個人番号の収集・保管を行います。また、事務の必要性がなくなり、所管法令で定められた保存期間を経過した場合に、個人番号の速やかな廃棄又は削除を行います。

 

2. 特定個人情報の利用・提供の実施
平成28年1月以降、マイナンバーの利用開始後から、マイナンバー法が定める特定個人情報の利用・提供の制限に従い、社会保障及び税に関する手続書類の作成事務と、税務署や市区町村などの行政機関等への特定個人情報の提供を行います。

 

3. 従業者の監督・内部監査の実施
特定個人情報等の安全管理措置を適切に運用し、不正漏えいなどによる流出を防止するため、特定個人情報等の取扱状況を継続的に把握し、従業者に対する監督と、安全管理措置の評価、見直し及び改善に取り組みます。

 

 

 

 

 

マイナンバー対応に役立つ『ワンポイントアドバイス』

事業者には、平成27年10月のマイナンバー制度開始までに、特定個人情報等の不正漏えいなどによる流出を防止するための準備として、 特定個人情報等を適正に取扱うための基本方針を策定すること、組織としての取り組みを具体化するための取扱規程等を策定することが求められます。

 

また、基本方針及び取扱規程等の作成後は、個社の事情に応じて、マイナンバーに関連する従業者の教育研修、業務プロセスの見直し、情報システムの改修・整備、内部監査体制の整備など、多くのタスクを実施し、マイナンバー制度導入に備える必要があります。

 

まずは、自社の、個人番号を取扱う事務の範囲や、特定個人情報等の範囲、関連するリスクは何か、現状の安全管理措置が十分であるかなどを早急に検討していただき、自社の現況を整理したあとは、すみやかに、特定個人情報等の適正な取扱いの基本方針と、マイナンバー制度対応のためのロードマップを作成することが重要となります。

 

 

≫≫ 次はマイナンバー対応の計画策定の手順について見る

 

 

 

 

マイナンバー対応支援ツールをご提供中です

【ご提供中】支援ツール_「マイナンバー実務早わかりノート」

【ご提供中】支援ツール_「マイナンバーひな形・様式集」

 

『マイナンバー対策準備室』 記事一覧

 

[記事一覧] マイナンバー制度の概要

マイナンバー制度の概要

マイナンバー制度と罰則規定

マイナンバー制度と利用提供制限

マイナンバー制度と安全管理措置

マイナンバー制度と中小事業者

マイナンバー制度と個人情報保護

マイナンバー制度と本人確認

マイナンバー制度と収集保管制限

マイナンバー制度と委託先の管理

 

[記事一覧] マイナンバー業務の基礎

マイナンバー業務と入社退社手続

マイナンバー業務と社会保険算定

マイナンバー業務と法定調書提出

マイナンバー業務と給与支払手続

マイナンバー業務と年末調整手続

 

[記事一覧] マイナンバー対応の進め方

マイナンバー対応と事業者の課題

マイナンバー対応の計画策定の手順

マイナンバー対応と提出書類の種類

マイナンバー対応と社内規程の整備

マイナンバー対応とロードマップ

マイナンバー対応と取扱事務の範囲

マイナンバー対応と安全管理の方針

マイナンバー対応のチェックリスト

 

 

コンテンツ 執筆 監修

マイナンバー対策準備室

マイナンバー対策準備室は、マイナンバー制度への対応を支援する専門家による特別のプロジェクトチームです。マイナンバー対策準備室は、税務・社会保険・IT・リスクマネジメントなど各分野の専門家がノウハウを結集し、民間事業者のマイナンバー対応を支援します。

 

 

 

マイナンバー対応支援ツール |マイナンバー対策準備室マイナンバー セミナー情報 | マイナンバー対策準備室

マイナンバー制度の解説 | マイナンバー対策準備室 マイナンバー業務の基礎解説 | マイナンバー対策準備室 マイナンバー対応の進め方 | マイナンバー対策準備室 マイナンバー セミナー 情報 | マイナンバー対策準備室 マイナンバー対応メニュー | マイナンバー対策準備室 組織・支援案内