【マイナンバー対策準備室】税務、社会保険、ITなど各分野の専門家のノウハウを結集し、民間事業者のマイナンバー制度対応を支援します。

.

 Homeマイナンバー進め方解説 > マイナンバー対応と事業者の課題

マイナンバー対応と事業者の課題

マイナンバー法では、マイナンバーを利用できる事務の範囲を、法律に規定された社会保障、税及び災害対策に関する事務に限定していることが特徴です。

 

そして、マイナンバー制度の適正な運営を確保するために、事業者には、特定個人情報を収集・保管・提供できる範囲や、特定個人情報ファイルを作成できる範囲などが制限されるほか、個人番号の提供を受ける際の厳格な本人確認、各種の安全管理措置への取り組みなどが求められます。

 

マイナンバー対応支援ツールをご提供中です

マイナンバー実務早わかりノート

マイナンバーひな形・様式集

 

≪最新情報のキャッチアップにおすすめ≫

「[2016年年末調整対応]この一冊で安心! マイナンバー実務早わかりノート

 

【記事目次】マイナンバー対応と事業者の課題

 

1.マイナンバー対応と事業者の課題

 

2.マイナンバー対応のワンポイントアドバイス

≫≫ 他の記事を見る 

 

 

マイナンバー対応の進め方の解説
 (1) マイナンバー対応と事業者の課題

マイナンバー制度の適正な運営を確保するために、事業者には、特定個人情報を収集・保管・提供できる範囲や、特定個人情報ファイルを作成できる範囲などが制限されるほか、個人番号の提供を受ける際の厳格な本人確認、各種の安全管理措置への取り組みなどが求められます。

 

事業者のマイナンバー対応で対処すべき課題は以下のとおりです。

1. マイナンバーの利用・提供の制限
○ マイナンバーの利用制限

マイナンバーの利用範囲は、法律に規定された社会保障、税及び災害対策に関する事務に限定されます。

○ マイナンバーの提供要求の制限
社会保障及び税に関する手続書類の作成事務を行う必要がある場合に限って、本人などに対してマイナンバーの提供を求めることができます。

○ 特定個人情報の提供制限
法律で限定的に明記された場合を除き、特定個人情報を提供してはいけません。

 

2. マイナンバーの収集・保管の制限
○ 特定個人情報の収集制限
法律で限定的に明記された場合を除き、特定個人情報を収集してはいけません。

○ 特定個人情報の保管制限

法律で限定的に明記された場合を除き、特定個人情報を保管してはなりません。

○ 特定個人情報の廃棄/削除
社会保障及び税に関する手続書類の作成事務を処理する必要がなくなり、所管法令において定められている保存期間を経過した場合は、マイナンバーをできるだけ速やかに廃棄又は削除しなければなりません。

 

3. マイナンバー取得の際の厳格な本人確認
○ 利用目的の明示

マイナンバーを取得する際は、利用目的を特定し、明示する必要があります。

○ 取得時の本人確認
マイナンバーを取得する際は、他人の成りすまし等を防止するため、厳格な本人確認が求められます

 

4. マイナンバー取扱における安全管理措置
○ 安全管理措置

事業者は、マイナンバー及び特定個人情報の漏えい、滅失又は毀損の防止その他の適切な管理のために、必要かつ適切な安全管理措置を講じなければなりません。また、従業者に対する必要かつ適切な監督も必要です。

○ 委託先の監督
社会保障及び税に関する手続書類の作成事務の全部又は一部の委託をする者は、委託先において、法律に基づき委託者自らが果たすべき安全管理措置と同等の措置が講じられるよう必要かつ適切な監督を行わなければなりません。

○ 再委託

社会保障及び税に関する手続書類の作成事務の全部又は一部の委託を受けた者は、委託者の許諾を得た場合に限り、再委託をすることができます。

 

 

 

≪ 参考 内閣府広報:H27.5『マイナンバー民間事業者の対応』≫

 

 

 

マイナンバー対応に役立つ『ワンポイントアドバイス』

事業者には、マイナンバー制度の適正な運営を担保するために、特定個人情報を収集・保管・提供できる範囲や、特定個人情報ファイルを作成できる範囲などが制限されるほか、個人番号の提供を受ける際の厳格な本人確認、各種の安全管理措置への取り組みなどが求められます。

 

具体的には、マイナンバーを取得する際に利用目的を特定して明示するとともに、他人の成りすまし等を防止するため厳格な本人確認を行うことが求められるほか、マイナンバーの適切な管理のために、 組織体制の整備などの組織的安全管理措置、事務取扱担当者の監督や教育などの人的安全管理措置、特定個人情報等を取り扱う区域の管理や、機器及び電子媒体等の盗難等の防止などの物理的安全管理措置、アクセス制御、外部からの不正アクセス等の防⽌などの技術的安全管理措置などへの取り組みが求められています。

 

なお、事業者に求められる安全管理措置の具体的な対応方針は、担当者数や、取り扱う特定個人情報等の種類や数、IT化の程度など、事業者の状況により異なるため、まずは、自社の個人番号を取扱う事務の範囲や、特定個人情報等の範囲、関連するリスクは何か、現状の安全管理措置が十分であるかなどを早急に検討し、マイナンバー制度対応のためのロードマップを作成していただくことが必要と考えます。

 

≫≫ 次はマイナンバー対応のロードマップについて見る

 

 

 

 

マイナンバー対応支援ツールをご提供中です

【ご提供中】支援ツール_「マイナンバー実務早わかりノート」

【ご提供中】支援ツール_「マイナンバーひな形・様式集」

 

『マイナンバー対策準備室』 記事一覧

 

[記事一覧] マイナンバー制度の概要

マイナンバー制度の概要

マイナンバー制度と罰則規定

マイナンバー制度と利用提供制限

マイナンバー制度と安全管理措置

マイナンバー制度と中小事業者

マイナンバー制度と個人情報保護

マイナンバー制度と本人確認

マイナンバー制度と収集保管制限

マイナンバー制度と委託先の管理

 

[記事一覧] マイナンバー業務の基礎

マイナンバー業務と入社退社手続

マイナンバー業務と社会保険算定

マイナンバー業務と法定調書提出

マイナンバー業務と給与支払手続

マイナンバー業務と年末調整手続

 

[記事一覧] マイナンバー対応の進め方

マイナンバー対応と事業者の課題

マイナンバー対応の計画策定の手順

マイナンバー対応と提出書類の種類

マイナンバー対応と社内規程の整備

マイナンバー対応とロードマップ

マイナンバー対応と取扱事務の範囲

マイナンバー対応と安全管理の方針

マイナンバー対応のチェックリスト

 

 

コンテンツ 執筆 監修

マイナンバー対策準備室

マイナンバー対策準備室は、マイナンバー制度への対応を支援する専門家による特別のプロジェクトチームです。マイナンバー対策準備室は、税務・社会保険・IT・リスクマネジメントなど各分野の専門家がノウハウを結集し、民間事業者のマイナンバー対応を支援します。

 

 

 

マイナンバー対応支援ツール |マイナンバー対策準備室マイナンバー セミナー情報 | マイナンバー対策準備室

マイナンバー制度の解説 | マイナンバー対策準備室 マイナンバー業務の基礎解説 | マイナンバー対策準備室 マイナンバー対応の進め方 | マイナンバー対策準備室 マイナンバー セミナー 情報 | マイナンバー対策準備室 マイナンバー対応メニュー | マイナンバー対策準備室 組織・支援案内