【東京都新宿区飯田橋】会社設立/創業支援、税務顧問/経理指導、記帳代行/給与計算、決算開示/連結決算/経理システムのご相談なら

〒162-0822 東京都新宿区下宮比町2丁目28 飯田橋ハイタウン825

 Home業務内容のご案内 > よくあるご質問

よくあるご質問

 

よくあるご質問 [創業支援/決算代行サービス]

 

Q. 会社を設立したばかりです。どういうサービスがありますか?

会社を設立してまもないお客様向けには、年1回の決算・税務申告のみを代行する決算のみサービスと、起業支援、記帳代行、給与計算、税理士の顧問サービスをセットにした創業支援サービスの2つがあります。

 

売上がまだ安定せず料金を節約したいお客様には決算のみサービス、アウトソーシングを活用し、本業に集中したいお客様には創業支援サービスがおすすめです。

Q. 記帳代行をお願いできますか?

会社を設立してまもないお客様向けには決算のみサービス創業支援サービスの2つがあります。いずれも、記帳代行を含むプランです。

 

1.決算のみサービスのサポート内容はこちら
2.創業支援サービスのサポート内容はこちら

Q. 給与計算もお願いできますか?

会社を設立してまもないお客様向けの創業支援サービスでは社員3名様までの給与計算を代行します。また、それ以外のお客様は経理代行サービスで給与計算を代行いたします。

 

1.創業支援[経理代行]サービスのサポート内容はこちら
2.経理代行[給与計算]サービスのサポート内容はこちら

Q. 何を用意すればよろしいですか?

具体的に必要な資料はお客様ごとに異なりますが、一般的なものを下記にまとめておりますので、ご参考ください。

 

1.決算のみサービスで用意するものはこちら
2.創業支援サービスで用意するものはこちら

Q. ご相談は気軽にできますか?

決算のみサービスをご利用のお客様は、年1回、決算作業時にあわせてご相談も承ります。

 

創業支援サービスをご利用のお客様は、電話・メール・電子会議を使ったご相談は無料です。また、決算前の決算対策検討会や決算後の決算報告会でも逐次ご相談を承ります。

 

担当の税理士がきめ細かくサポートしますので、お気軽にご相談ください。

Q. サービス料金の目安について教えてください。

会社を設立してまもないお客様向けには決算のみサービス創業支援サービスの2つの料金体系があります。なお、開業から3事業年度以降のお客様は、通常の「税務顧問サービス」でのご契約になりますのであわせてご覧ください。

 

1.決算のみサービスの料金はこちら
2.創業支援サービスの料金はこちら

Q. 会計ソフトを購入する必要はありますか?

決算のみサービス創業支援サービスでは当事務所が所有する会計ソフト(弥生会計)を使います。

 

お預かりした資料をもとに決算書や会計帳簿などを作成し、紙・PDF・Excelデータいずれかの形式でお渡しします。

 

お客様で会計ソフトをご準備いただく必要はありません。

Q. 簿記の知識に自信がないのですが大丈夫ですか?

決算のみサービス創業支援サービスではいずれも簿記の知識は不要です。

 

お客様には領収書や請求書等を揃えていただき、簡単な質問票にご記入いただければ、残りの経理作業はすべて代行いたします。

 

どんな資料を集めればよいかわからない方は、資料をお持込みいただければその場で資料整理をお手伝いします。

Q. 資料はどうやってお渡しすればよいですか?

紙資料は持込または郵送、電子データ(スキャン資料、CSV、表形式データなど)はメールまたはお客様専用URLへのアップロード方式によりお預かりいたします。

 

なお、当事務所ではペーパーレスで業務を運用しておりますので、なるべく電子データでのご送付をお願いしております。詳しい方法についてはお問い合わせください。

Q. 領収書をノートに貼付してお渡しする必要がありますか?

当事務所では領収書や請求書をスキャン処理しますのでノートに貼付する必要はありません。

 

資料は支払方法(現金、カード、銀行振込、個人決済など)ごとに分類した状態でお預かりします。費目種類(交通費関係、交際費関係など)ごとに揃えていただくとよりスムーズです。

 

なお、当事務所ではペーパーレスで業務を運用しておりますので、なるべくスキャンデータでの資料送付をお願いしております。詳しい方法についてはお問い合わせください。

 

1.決算のみサービスで用意するものはこちら
2.創業支援サービスで用意するものはこちら

Q. 自動仕訳とはどういうものですか?

自動仕訳とは、請求・支払の一覧データや経費精算の申請データ、銀行明細等の外部取得データなど、発生元で作成するデータを一定の仕訳ルールに基づき、自動的に会計仕訳データに変換するものです。二重入力作業をなくし、正確・効率的な記帳を可能にします。

 

経理代行サービスでは銀行・カード明細等の自動消込や表形式データの一括仕訳変換が可能な「自動仕訳ツール」を利用し記帳代行を提供いたします。

 

また、貸借を意識せず記入でき、自動仕訳機能を備えた「Excelテンプレート(経費、現金、預金用)」をご提供し、徐々に自計化いただくためのサポートをいたします。

 

詳しい内容についてはお問い合わせください。

Q. 自動仕訳にどんなメリットがありますか?

会計事務所の自動仕訳化は、すでにあるデータを利用し仕訳記帳を効率化できること、作業の属人性を回避し正確・安定した仕訳記帳が可能になることの大きく2つのメリットがあります。

 

当事務所では、独自開発の自動仕訳ツールを利用して高い自動仕訳率を実現し、高品質と効率性が両立する経理体制をとっております。

 

≪ 自動仕訳でお客様にご提供するメリット ≫

・お客様が業務で作成された資料データ(請求・支払、給与計算、経費精算など)や、外部取得データ(インターネットバンク、カード明細など)などの電子データを無駄なく活用できます。

・一定の仕訳ルールにもとづき自動仕訳することで、事業年度を通じた統一性のある仕訳作成が可能になります。

・部門や補助科目、摘要欄など細やかに付加した仕訳を自動生成することで、読みやすい整理された会計帳簿を作成できます。

・記帳時に各仕訳に証憑綴Noを自動付番することで証憑と仕訳を紐付管理でき、手間のかかるファイリング作業を効率化できます。

 

詳しい内容についてはお問い合わせください。

Q. ペーパーレスとはどういうものですか?

当事務所では資料の受取からお客様への報告までペーパレスに作業を完結する仕組みを構築しております。お客様との資料のやりとりなどペーパーレスにより正確・効率的に行うことで、お客様の手間を最小限に抑えた効率的な経理対応、細やかな相談対応をいたします。

 

<当事務所のペーパーレスの取り組みの例>

・ お客様専用URLから資料を送信いただきますと、即時に担当者に資料共有されます。

・ 電子データを「自動仕訳ツール」で仕訳変換し、正確かつ効率的な記帳に利用します。

・ クライアントカルテとあわせて資料を共有し、質問・ご相談への迅速な回答に利用します。

・ グループウェアなどを使い決算書や申告書などの資料をセキュアな環境で受け渡しします。

 

詳しい内容についてはお問い合わせください。

Q. ペーパーレスにどんなメリットがありますか?

会計事務所のペーパレス対応には、お客様の手間を最小限に抑えた効率的な経理対応ができること、細やかな相談対応が可能となることの大きく2つのメリットがあります。

 

当事務所では、お客様の手間を増やすことなく、高品質なサービスを提供することを目標に、資料の受取から納品まですべてペーパーレスで完結する体制をとっております。

 

≪ ペーパーレスでお客様にご提供するメリット ≫

・記帳から決算・申告までの処理時間を短縮し、正確かつ迅速な報告を実現します。

・お客様の重要資料をもれなく確実に受け渡しいたします。

・お客様からのご質問・相談に迅速に対応いたします。

・お客様にお預りした資料を安全に保管いたします。

 

詳しい内容についてはお問い合わせください。

Q. グループウェアを使うことのメリットは何ですか?

当事務所ではお客様と資料共有と情報提供を円滑に行うためのインフラとして、グループウェアを積極利用しております。

 

グループウェアを利用することによるメリットは以下のものがあります。

 

≪ グループウェアによりお客様にご提供するメリット

・お客様に納品した決算書や税務申告書、試算表、総勘定元帳、給与明細書などはグループウェア上に常時共有しますので、必要なときに過去の資料を含めいつでもダウンロードが可能です。また、同じ資料を見ることで齟齬のない相談対応ができます。

・経理事務に便利な様式集・業務マニュアルをグループウェアで共有します。いつでも閲覧・利用可能です。

・お客様特有の納税期日や申告期日などを掲載したイベントカレンダーをグループウェアで共有します。いつでも閲覧・利用可能です。

・お客様特有の納税期日ややり残し事項などをグループウェアで共有します。リマインド通知メールも利用可能です。

 

詳しい内容についてはお問い合わせください。

Q. 電子会議を使うことのメリットは何ですか?

当事務所では、お客様と必要なときに場所・時間を問わず柔軟に打ち合わせをさせていただくため電子会議システムを導入しています。

 

電子会議システムを利用することで、電話やメールでは伝えにくい複雑な相談事項や、遠隔地におけるお客様との相談対応など、きめ細やかにサポートをさせていただいております。

 

≪ 電子会議システムの利用方法 ≫

・お客様にインターネット環境にあるPCをご用意いただきます。特にお客様側でのソフト導入は不要です。

・お客様ごとに固有の電子会議URLをお送りします。電子会議URLにアクセスいただきますと、すぐに電子会議を開始することができます。

 

詳しい内容についてはお問い合わせください。

Q. サービスをお願いするにはどうすればよいですか?

当事務所では、ご契約前にお客様の疑問・不明点を確実にご解消いただくため個別相談を実施しております。

 

個別相談にてご契約内容、お見積り内容に同意いただいてからサービスを開始させていただきます。まずは、こちらの「お問合せフォーム」から個別相談をお申込みください。

 

記帳代行はお願いできますか?

給与計算もお願いできますか?

ご相談は気軽にできますか?

何を用意すればよろしいですか?

会計ソフトを用意する必要はありますか?

資料はどうお渡しすればよいですか?

領収書をノートに貼付する必要がありますか?

簿記知識に自信ないのですが大丈夫ですか?

自動仕訳とはどういうものですか?

自動仕訳を使うメリットはなんですか?

ペーパーレスとはどういうものですか?

ペーパーレスによるメリットはなんですか?

グループウェアを使うメリットはなんですか?

電子会議を使うメリットはなんですか?

 

[業務案内] 創業支援/決算代行

創業支援サービス[業務案内]

決算のみプラン[料金案内]

よくあるご質問 [業務案内]

創業支援プラン[料金案内]

 

 

事務所のご案内 アウトソーシングサービス コンサルティングサービス 専門家紹介 料金案内[アウトソーシング] セミナー情報